2017年度「AEYAC若年層アニメーター生活実態調査」結果速報版

2017年度「AEYAC若年層アニメーター生活実態調査」の結果速報版
~上京して働く若年層アニメーターが半数~
この度、特定非営利活動法人若手層アニメ制作者を応援する会(AEYAC)では、支援活動の一環として経験年数3年以内のアニメーターを対象とした実態調査を行いました。
本調査は、厳しい労働条件の下で働いているとされる若年層アニメーターの労働実態・生活実態について、単純に賃金や労働条件の観点だけではなく、より多角的な観点から把握する目的で実施したものです。その第二回となる今回は前回調査と同様、労働条件に加え、奨学金返済の状況、居住形態、通勤時間などをインターネット調査にてアニメーターの方に尋ね、44名(うち男性25%、女性75%)の方々からご回答をいただきました。回答者の平均年齢は23.2歳、平均経験年月数1年5ヵ月でした。
 このお知らせでは調査結果のうちポイントとなる部分についてご報告をいたします。調査全体の結果については、2018年3月に報告書の形で発表させていただく予定です。
PDFデータはこちらから→2017年度「AEYAC若年層アニメーター生活実態調査」結果速報版

[問い合わせ先]
E-mail research[at]aeyac.org
担当:松永