AEYAC作画ゼミ2017夏 活動報告

「AEYAC作画ゼミ」はプロのアニメ制作者の指導のもと、就業前の学生が動画職の研修を体験する企画です。若年層のキャリア形成の観点から、就業前の学生では本格的に学ぶことのできない動画職について、研修という形で実体験できる機会を提供いたしました。

【実施概要】
期間:2017年8月16日~19日・21日~24日(8日間)
時間:10:00-17:00(うち休憩1時間)
場所:ゴコマチオフィス会議室
講師:坂本 一也氏
受講者:大学3年生2名・専門1年生2名・大学1年生1名

【講義の様子】

 

 

 

 

 

 

【ゼミの研修内容】
1日目16日(水)クリンナップ①
クリンナップとしての線質のみ集中して引く課題
2日目17日(木)クリンナップ②
絵を認識して線を引く事課題(絵の質感、見えてない分の認識など)
3日目18日(金)クリンナップ③
午後から通してクリンナップの作業をやり続ける課題(約3時間で集中力の持たせ方とそこに付随するクオリティの差の確認)
4日目19日(土)中割り①
簡単な線割りの課題
5日目21日(月)中割り②
タップ割りを用いた大きく動く原画の中割り 複雑な形の中割り
6日目22日(火)中割り③
一つの絵の中で各部位の動き幅や方向が違う原画の中割り
7日目23日(水)中割り④
中割り①②③で学んだものを用いて中割り
8日目24日(木)最終課題
7日間の集大成としてゼミ前に取り組んでもらった課題を再度挑戦 成長の度合いを見る

【使用素材(一部)】
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【受講者制作物】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【事前課題(上)・最終課題(下)比較】

 

【受講者の感想】
・個人的にはもう少し長期間やって欲しかったのですが、現実的には丁度いい期間なのかなと思います。8日間本当に濃い時間を過ごさせていただき、とてもいい経験になりました。本当にありがとうございます。
・大変でしたが楽しかったです!朝10時に京都というのも4日も続けば慣れるものですね。今回ゼミで学んだ事を無駄にしないよう、普段からクリンナップや中割りの練習をしたいと思います。
・とてもためになる作画ゼミで、応募してよかったと思いました。教えてもらったことを続けて、頑張っていきます。ありがとうございました。